こんにちは、和みLINEです。

今回は

【必見】初心者が簡単にブラックバスを釣るためのワームアクションまとめ

と言うことで、
ブラックバスを釣るための様々なアクションを紹介したいと思います。

ただ巻き、スプリットショット、ダウンショット、ネコリグ、
ブラックバスを釣る方法はたくさんあるので
まずは出来そうなアクションを覚え、真似をしていきましょう。

ワームで行う様々なアクション一覧

ただ巻き

名前の通り、ただ巻くだけのアクションです。

ポイントとしてはゆっくり巻いたり早く巻いたり、
表面を攻めたり、中層を攻めたりと、
色々なスピードで色々な層を攻めることが重要となってきます。

ワームのおしりがフリフリしているものがおすすめです。

リフト&フォール

フリーフォールはワームを落として釣るやり方の事を言います。

ワームを落とすことによって
不自然な動きをすることなくアクションをする事が可能になります。

エビ系や虫系のワームなどによく使用されます。

ズル引き

ズル引きとは水中の底につけて
ちょんちょんアクションをしながら巻くやり方です。

ゴミの多いフィールドだと根掛になりやすいので
カバーの付いている針を使った方が安心です。

シェイキング

ロッドの先端を細かく動かすやり方です。

ブラックバスがいそうなところに落とし、
そこでシェイキングをするのが基本です。

ダウンショットと併せることが多いです。

ジャーキング(トゥイッチング)

ワームで使うことはほとんどありませんが
ただ巻き中に竿を小さく動かしたり(トゥイッチング)
大きく動かしたり(ジャーキング)するやり方です。

ルアーのミノーによく使用されます。

ストップ&ゴー

名前の通り、止めて巻いて止めて巻いてを繰り返しやり方です。

ステイ

投げたら放置するやり方です。

色々な針の付け方

ダウンショット

ダウンショットは一定の層を攻めることが出来、
初心者の方にも人気のあるやり方です。

ポイントとなるのが重りと針のスペースが開いていると言うこと。

若干根掛になりやすいのがネックですが、
竿を上下にシェイクしながらただ巻きをするのが基本です。

ジグヘッド

ジグヘッドは針の先端に
重りが付いている針の事を言います。

ワッキーやエビなど、落としてアクションを狙う
ワームに人気のあるやり方です。

ネコリグ

ワームの中に直接重りを入れる釣り方です。

よくワッキーと一緒に使用されています。

ノーシンカー

ノーシンカーは針とワームだけを使用するやり方の事を言います。

ワームの性能がいいと有効的ですが、
ワームによっては釣れにくくなるので
私は意外と苦手だったりします。

テキサスリグ

針の前にシンカーと言う重りを付けるやり方です。

飛距離が伸びますしワームの動きも安定します。

ラバージグ

ジグヘッドにカバーが付いた針です。

基本的には普通に投げたら
根がかってしまうようなカバーを狙います。

エビ系のワームと相性がいいです

スモールラバージグ

ラバージグをコンパクトにしたのが
スモールラバージグです。

スピニングリールでラバージグを扱う場合は
スモラバになるかと思います。

エビ系のみならず、
様々なワームと相性がいいです。

スプリットショット

針の前に少し間隔を置いて重り(ガン玉)を付けるやり方です。

てきとーにアクションをしてもいい動きをするので
初心者におすすめ出来るやり方です。

バスはプロな真似をすれば釣れるのか

ブラックバスの釣り方を調べると
ついついプロの人の釣り動画を見がちですが
ブラックバスフィッシングは

プロのやり方=釣れる

と言うわけではありません。

また、さらに言ってしまえば

動画のやり方=釣れる

と言う明けでもありません。

バスフィッシングをやったことがある方ならわかると思いますが
動画の通りにやっても釣れないものは釣れません。

自分に合ったやり方を探すのが正解ですので
やり方を知っていろいろと試すのが
一番の釣れるようになるまでの近道だと思います。

ちなみに私は

・スモールラバージグでただ巻き
・ワッキーでリフト&フォール

でよくやっています。

色々なアクションと針の付け方を知り、
あなたに合ったやり方を見つけてみて下さいね。

それでは今回はこの辺で。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。