こんにちは、和みLINEです。

今回はカメラについて取り上げたいと思います。

今の時代、カメラはスマホについているので
需要が少なくなってきていますが
カメラで撮る瞬間やシャッター音はいいものですし
首からぶら下げていてもおしゃれアイテムに早変わりです。

今回はそんなカメラを始めるための何が必要なのかを紹介します。

カメラの種類を知ろう

カメラは大きく分けて3つの種類に分類されます。

その3つと言うのが

  • デジタルカメラ
  • ミラーレスカメラ
  • デジタル一眼カメラ

です。

ここでは各カメラの特徴を紹介します。

デジタルカメラ

デジタルカメラの特徴としては
かなりコンパクトで高画質であると言うことです。

値段も3種類のカメラの中では一番安く、
カメラの入門編として人気があります。

スマホと違い倍率にも優れているので、
スマホでは物足りない方におすすめです。

あまり安いカメラを購入しても
ガッカリするだけなので、
デジタルカメラを買うならこちらおすすめです。

ミラーレスカメラ

ミラーレスカメラとはデジタルカメラよりも
撮った時の画面のサイズが大きくかつ、
高画質で一眼カメラよりも軽量なカメラです。

また、デザインも豊富で、
昔はミラーレスカメラのレンズも少なかったですが、
今では各カメラメーカーは一眼レフカメラに負けないくらい
ミラーレス専用のレンズを販売しています。

とてもコンパクトで見た目も
かなりカメラな感じがしますし、
ぼかすこともできるのでお勧めです。

街中や風景を撮るならミラーレスでOK。

値段は一眼より少し安いかな?くらいです。

 

ミラーレスは機能よりも
デザインや見た目で決めてもいいかな、と思います。

デジタル一眼レフカメラ

カメラと言えばデジタル一眼カメラを
思い浮かべる人も少なくないはず。

デジタル一眼レフカメラは機能が豊富で
本格的にカメラを始めたい方におすすめです。

スポーツや動物、星空などの
動きの速い物や遠くのものを撮りたいなら
デジタル一眼レフカメラがおすすめです。

デジタル一眼レフカメラは各カメラ会社が
ここぞとばかりに気合を入れているので
どこのメーカーを買っても
ハズレと感じることはないかと思います。


カメラに必要な道具

ここではカメラに必要な道具を紹介します。

デジタルカメラの場合は
本体と専用ケースに入れて
湿気の少ない所においておけば、OKです。

ただ、ミラーレスや一眼レフカメラなどのレンズは
レンズにカビが生えてしまう恐れがるので、
少し工夫が必要になってきます。

レンズの中にカビが生えたら
新しいレンズを購入する必要があるので、
最低限のメンテナンスグッズを揃えるようにしましょう。

メンテナンスグッズ

カメラを購入する際は
こういったメンテナンスグッズ一式があると便利です。

ケース

私は段ボールに乾燥材を入れているだけですが
こういった専用のケースに加えて乾燥材があると
カメラやレンズをカビから守ってくれます。

レンズカバー

各レンズサイズによって異なりますが、
レンズカバーがあると
レンズの傷を防いでくれます。

保護フィルム

保護フィルムは正直あってもなくても大丈夫です。

直接写真に影響が出るわけではないので
汚れや 傷が気になる方は
自分に合ったサイズに保護フィルムを選択してください。


以上です。

「えっこれだけ?」

と思うかもしれませんが、
メンテナンスグッズとケースさえあれば
長い間カメラを楽しむことが出来ます。

他に必要な道具を強いて言えば、
バッテリーくらいです。

カメラを楽しむために

カメラを購入したら近所を散歩してみると
色々と撮るものが存在します。

電柱、排水溝、猫、犬、屋根、空、壁、草、花

今まで見ていた世界が
また別の世界に見えてくるかと思います。

上手に撮るやり方等に関しては
購入したカメラメーカーで色々なテクニックを紹介しているので
覗いてみてください。
canon カメラ初心者教室

また、撮った写真をFacebookやインスタグラムに投稿する以外にも
写真投稿サイトがあります。

PHOTOHITO

GNREF

ふぃと蔵

色々な人の作品も観ることが出来るので、
参考にできることも多いかと思います。

ふぉと蔵はフォトコンテストを行っているので、
興味があれば一度投稿してみてはどうでしょうか。

最後に

現在はスマホが普及していて
こういったデジタルカメラの需要がなくなりつつありますが、
スマホは記録として残し、
デジカメは作品として残るので、
また別の楽しみ方があります。

おしゃれアイテムとしてもいいですし、
思い出を残すのにもカメラはいいものですので、
是非カメラに興味がある方は、
この機会にカメラを始めてみてください。

そして撮ったら写真を、
コンビニやカメラショップで現像してみてください。

あなたの冷蔵庫や壁に張るとまたおしゃれになりますよ。

それでは今回はこの辺で。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。