こんにちは、和みLINEです。

今回は大人の趣味で代表的なゴルフを紹介します。

ゴルフとは18ホールをプレイし、
どれだけ少ない打数で回れるかを競う競技です。

最初はいきなりコースを回るよりも
まずは練習場へ行って
実際にゴルフボールを打つところから入られたほうが
感覚としてはつかみやすいと思います。

今回はそんなこれからゴルフを始めようとしている方に
練習場の使い方やゴルフ用具を
一式そろえるといくらくらいするのかを紹介します。

まずは練習場へ行こう!

練習場とはネットで囲まれた空間の事で、
ゴルフボールを実際にクラブで打つことが出来ます。

ボールを打つのでかなり広く設計されているため
郊外に設置されていことが多いです。

街中になるとかなり小規模に感じてしまうかと思います。

何を持っていけばいいの?

持ち物としては

・グローブ

だけで大丈夫です。

あとは動きやすい服装と靴で行きましょう。

クラブは基本的に練習場で借りることが出来ます。

練習場はいくらかかるの?

場所によっても違うんですけど、

・入場料金 500円
・40球 500円

くらいが相場です。

大体最初は120球打つとして2,000円くらいを
目安にしておくといいんじゃないかと思います。

練習場に着いたら

練習場へ付いた後の流れとしては

  1. 受付(クラブのレンタルもここで済ませます)
  2. ボールをカゴに入れる
  3. 打席へ行く

ザックリと紹介するとこんな感じです。

クラブを借りる際は
とりあえず”ドライバー”と”7番アイアン”を
貸してもらうようにしましょう。

ボールに関しては自動販売機のようなものが設置されているので
カゴにボールを入れていきます。

後はひたすら打つだけ!

周りの人やYouTubeとにらめっこしながら
クラブにボールを当てる感覚を身に付けて下さい。

ゴルフに行く時に揃える道具について

ゴルフはお金がかかる趣味としても有名ですが、
一体初心者がゴルフに行く前に何を揃えればいいのか。

また、どのくらいの費用が掛かるのか、
ザックリ紹介していきます。

ゴルフクラブ

ゴルフクラブにはウッド、アイアン、パターなど様々な種類のクラブがあり
1度で持っていける数は14本までとなっています。

こちらの商品でしたらヘッドカバーやキャディーバッグが付いてくるので
最初はこういったセットの方が低コストで済むのではないでしょうか。

もし、別々で購入するのなら

  • ドライバー
  • 7番アイアン
  • 8番アイアン
  • 9番アイアン
  • サンドウェッジ
  • ピッチングウェッジ
  • パター

は最低限持つようにしましょう。

ヘッドカバー

ヘッドカバーはクラブのヘッドに付けるカバーです。

キャディーバッグ

キャディーバッグはクラブを入れるバッグです。

ゴルフボール

ゴルフボールは自分で用意する必要があり
初心者の方は1ラウンドで1ダースくらい消費します。

無駄に球を打たないためにも
練習場でたくさん打ちまくりましょう。

ティー

1打目を打つときにボールを乗せる台です。

最初は丈夫で安くて数の多いやつを選ばれたほうがいいです。

マーカー

グリーンの上でボールの
目印としてマーカーを使用します。

グリーンフォーク

こちらはグリーン上で付けてしまった
ボールの跡を消す道具です。

マナーですので持ち合わせましょう。

ゴルフシューズ

ゲーム中はスニーカーやランニングシューズなどの
ゴルフシューズ以外の靴を履くのが禁止されています。

なので、ゴルフをやる際はクラブと同じくらい必須のアイテムです。

ゴルフシューズはスパイクになっており、
スイング時に足元が安定します。

帽子

なんでもいいです。

グローブ

右利き用、左利き用の手袋がありますので、
自分に合った手袋を選びましょう。

ゴルフウェア


基本的にはポロシャツと長ズボンで行います。
Tシャツ、Gパン、ジャージは辞めましょう。

ボストンバッグ

着替えとか入れるカバンです。

タオル

汗は拭きましょう。

サングラス

日差しの強い日は
あった方が快適にゲームをすることが出来ます。

ボールケース

ボールを入れておくケースです。


以上が基本的なゴルフをプレイするときに使用する道具です。

一式そろえると大体7万円前後と言ったところでしょうか。

もちろん高いやつは高いですしいい機能を持っています。
逆に安いものもたくさんあり、中古を選べばもっとコストを抑えられます。

 

ゴルフクラブやシューズに関しては
実際に店頭に行って確かめるのが一番だと思いますので
失敗のしない買い物をしてださい。

私はお店で実際に見て
ネットで購入しています(笑)

ゴルフのマナー

ゴルフのマナーとしては

  • 正しい服装であること
  • ゆっくりプレイしないこと
  • グリーンでは走らず他の人のラインを邪魔をしないこと
  • バンカーで自分が打った場所はレーキで慣らすこと

が上がられます。

ただ、まだ一度もゴルフをやった事がない人に
マナーについて紹介してもしょうがないので、
とりあえず最初は正しい服装と装備があればOKです。

他の細かいマナーは上手い人の話を聞いたり、
その場その場で教えてもらった方がいいです。

ゴルフのルールと用語

ゴルフのルールは簡単で、
少ない打数でカップインを目指す競技です。

ここでは簡単な用語だけ説明します。

パー

指定された打数で入れること。

ボギー

指定された打数を超えること。

バーディー

指定された打数よりも1打少ない状態で入れること。

イーグル

指定された打数よりも2打少ない状態で入れること。

OB

コース外にボールが出てしまうこと。

ウォーターハザード

ボールが池に入ってしまうこと。
+1打となります。

空振り

空振りをすると+1打になります。

他にもグリーン上でマークをしていないボールを拾うと+1打になったり
バンカー内の砂にクラブが触れると+2打となるルールがあります。

最後に

今回紹介しましたゴルフはどうだったでしょうか。

ゴルフと言うとお金のかかる印象がありますが
レンタルをしているゴルフ場もありますので
1式揃えるのが厳しい方はレンタルから入られるのも
全然ありだと思いますよ。

また、自分で揃えた道具でゴルフをやるのは気分がいいもので、
気を使わずにのびのびとプレイすることが出来ます。

興味のある方はまずは練習場へ行ってみてはどうでしょうか。

ストレス解消にもなりますし
そんなにハードで疲れるスポーツでもないので、
気楽に始められますよ。

それでは今回はこの辺で。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。