こんにちは、和みLINEです。

今回はデジタルイラストについて紹介したいと思います。


デジタルイラストとは名前の通り
パソコンを使って絵を描くことを言います。

パソコンを使うことによって
アナログイラストでは手間だったことが簡単にできたり
できないような加工をができたりと、
やりたいことは無限に広がります。

ではどのようにして始めればいいのか、
簡単に紹介していきます。

デジタルイラストに必要なもの

デジタルイラストに必要なものは

  • パソコン
  • スマホ
  • タブレット
  • 板タブ
  • 液タブ

この5種類です。

ただ、全部が必要と言うわけではなく
パソコンと板タブが必要だったり
タブレットだけでもできたりもします。

ここではそこのところを詳しく紹介していきます。

パソコン

一番無難なのがパソコンを使って
デジタルイラストを描くことです。

ただ、パソコンだけではマウスで絵を描くことになるので
板タブか液タブのどちらかを購入する必要があります。

スマホ

最近のスマホでは質圧も感知でき、
スマホだけでもイラストを描けるようになりました。

指で描いている人やスマホ用のペンで描く人もいます。

タブレット

タブレットだけでもイラストが描けるようになり
アップルのiPadプロが非常に人気があります。

イラスト以外の実用性も兼ね備えていているので、
スマホだけでは満足できない方に人気があります。

板タブ

デジタルイラスト入門として人気なのが板タブです。

板タブはUSBとパソコンに繋げることによって
パソコンの画面と板が連動し、
ペンでイラストを描くことができます。

液タブ

デジタルイラストを本格的に
始めたい方におすすめなのが
この液タブです。

液タブとは液晶に直接描けると言う
まるで紙に書いているような感覚で
イラストを描くことができます。

イラストソフト

イラストを描ける環境を揃えたら
イラストソフトを購入、DLしましょう。

パソコンで絵を描きたい方におすすめなのが

パソコン編

クリップスタジオ

SAI

 

 

 

 

 

 

この2つです。

パソコンのイラストソフトでPhotoshopも有名なんですけど
Photoshopは高いので最初でしたら
クリップスタジオかSAIのどちらかを選ばれることをおすすめします。

個人的にはこれからイラストソフトを購入するのなら
クリップスタジオをおすすめしており、
SAIは最後の仕上げが弱いんですが、
クリップスタジオは仕上げも加工もPhotoshopレベルで行えるので
コストパフォーマンスで言えば最強です。

なのでSAIと比べると少し値は張るんですけど、
クリップスタジオの方が後悔しないかと思います。

スマホ編

スマホでもお絵描きをすることができるので、
スマホ用のお絵かきソフトも紹介します。

PicsArt Color ペイント

アイビスペイントX

Adobe Photoshop Sketch

最初でしたらこのあたりがおすすめです。

スマホでお絵描きをする場合は
無料で始められるものが多いので、
「まずは…」と言うことでしたら
スマホから入られてみてはどうでしょうか。

何を描けばいいのか

準備が出来たらさっそく絵を描いていましょう!

と言いたいところですが、
一体何を描けばいいかわからない方もいいのではないでしょうか?

今回はそんな描くものを紹介します。

  • 人物画
  • 動物
  • 風景画
  • キャラクター
  • 漫画

基本的に描くのはこの中からです。

リアルの絵を描くのが好きな人がいれば
美少女を描くのが好きな人もいます。

一番はあなたが描きたいものですので
頭にパッと浮かんだものを描いてみてください。

絵を描いたら何をすればいいのか

絵を描いたら早速ネットに投稿してみましょう。

最初は周りの評価が気になりますが
絵を描いているもの通しは暖かい目で見守ってくれます。

イラスト投稿サイトととして有名なのがpixivです。

https://www.pixiv.net/

色々な人の作品を見ることができますし、
有料会員になればプロの講座などを見ることもできます。

他にもTINAMIニコニコ静画などたくさんありますので、
あなたのお気に入りのサイトを見つけましょう。

また、ツイッターにイラストを投稿すれば
たくさんのお気に入りやリツイートを貰える可能性があるので
イラスト用のアカウントを作成してみるのも
面白いのではないでしょうか。

最後に

今回のデジタルイラストの始め方はいかがだったでしょうか。

デジタルイラストは一度購入すれば
長い間楽しむことができるので
インドア系の趣味を探している方には
ピッタリではないでしょうか。

あまり初期費用の掛からない趣味ですので、
興味があれば板タブから始めてみてください。

それでは今回はこの辺で。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。