こんにちは、和みLINEです。

今回は

「安いドローンと高いドローンはどう違う!?これからドローンを始めるために」

を題材にドローンについて紹介します。

ドローンと聞くと高そうだったり
難しそうと感じるかもしれませんが、
小学生でも操作できるドローンも販売されているので
値段は多少高価ですが、大人のラジコンとして人気があります。

何より人気なのが上空から写真や動画が撮れると言うことですよね。

あなたの街や旅行先でこのような写真が撮れると考えると
とてもいい思い出になると思いませんか?

今回はそんなドローンについて紹介します。

ドローンの値段について

ドローンにも色々な種類があり、
カメラやGPSが付いていないものだと
1万円以下で購入できます。

使用目的によって異なり
ドローン操作だけをやりたいなら
安価なドローンで済みますし
撮影をやりたいなら少し値段は弾みます。

今回はそんなドローンを紹介していきます。

1万円以下のドローン

 多機能のミニドローン:ホバリング、3D飛行で宙返り、高速/低速スイッチ、ヘッドレスモード、ワンキーリターン
安定した飛行システム:最新の6軸ジャイロ飛行制御システムで、安定した飛行を簡単に実現できます。2.4GHzの無線制御技術を採用し、強力な抗干渉機能を確保します。
操作は非常に簡単、子供、初心者、中級者に最適!室内、アウトドアで飛行練習をする時に最適なドローン !

家の中で飛ばすようなドローンです。

操作をなれると言う意味では
最初にこういったドローンを体験しておくのも悪くないかも。

【セルフィー】720pHDカメラが付き、ポケットに入る自撮りドローンです。
【オートホバリング】気圧センサーによる高度維持機能が付きますので、誰でもらくらく、自動でホバリングできます。
【ワンキー起動/着陸】はじめての操縦で一番緊張するのが、機体を浮かす瞬間でしょう。スロットルを上げすぎてぶつけてしまったり、弱すぎてうまく飛ばなかったり。HS160では起動も着陸もワンキー操作で行います。誰でもボタンを押すだけで簡単に操作できるようになりました。
機体重量:83.5g  本体サイズ:17*16*3.4cm 操縦可能距離:50m

1万円以下でカメラが付いていてコンパクトなドローンです。

ただ、期待が軽いため風の影響を受けやすく、
操作が難しく感じるかもしれません。

低い位置や室内向けのドローンとして検討した方がいいかもです。

1万円~3万円

商品の特徴:気圧センサーによる高度維持機能 FPV生中継 スマホで操作可能 ワンキーリターン フリップ ヘッドレスモード
Holy Stone保障:詳しい日本語説明書付き&日本国内認証済
機体重量:116g  本体サイズ:31*31cm 操縦可能距離:約50-100m

100メートルまで離すことが出来るドローンです。

予算に余裕があり、
外でのドローン撮影を楽しみたい方は
こちらのドローンがおすすめです。

プレゼントにもちょうどいい価格帯ですね。

【初となるGPSユニットを搭載】気圧センサーによる高度維持機能に加え、Holy Stoneドローン初となるGPSユニットを搭載。高度・座標を統合的に制御し、狙った位置を外さない自動ホバリング制御を可能としました。
【座標メモリー機能による 正確なリターン】離陸地点の座標を記憶し、送信機のリターンスイッチひとつで機体が安全に戻ります。さらに、セーフティ装置としての機能も併せ持ち、機体の電池が低電圧になった場合と送信機からの電波をロストした場合には、 自動的に離陸地点まで戻ってきます。
【フォローミーモード】フォローミーモードは、ドローンが操縦者から一定の距離と高度を保ちながら自動で追従。空中からの様々なアングルでのセルフポートレートが撮影できるでしょう。
【約15分の飛行を可能にする、大容量バッテリーパック】広大なフィールドで長時間のフライトを可能にする、2500mAhの大容量バッテリーを搭載。最大15分のロングフライトが本格的な空撮をバックアップしてくれます。
【角度調整可能HD広角カメラ搭載 8GBSDカード付属】狙ったシーンを美しく記録しながら、送信機での角度調節可能な720pの高解像度HD広角カメラを搭載。そして映像/画像をたっぷり記録可能な大容量8GBマイクロSDカードも付属。購入後すぐに素晴らしい空撮フライトが可能です

風に強く画質も良く安定性にも優れているドローンです。

500メートルも離すことが出来ます。

1万円以下のドローンの次は
こちらのドローンはおすすめです。

GPSも搭載しており、
操作圏外に行くと自動で戻ってくる優れもの。

これを操作すると2万円以下のドローンの操作はしたくなるかも。

10万円~

主要スペック
最大速度 68.4km/h
最大飛行時間 21分
HD伝送 2000 m
動画 4K30P
静止画 1200万画素
安全飛行
自動ホバリングと障害物回避機能により、初心者でも安心してフライト可能

一気に値段が跳ね上がった高スペックのドローンです。

20分以上も飛ばすことが出来、
4Kにも対応しているテレビやYouTuber向けドローンです。

値段は高いですが、
値段以上の価値を感じられている方が多いです。

大幅に性能が向上したカメラは、2,000万画素の1インチセンサーを搭載し、4K/60fpsの動画を 100mbpsで撮影できます。
後方に追加されたステレオ・ビジョン・センサー、左右に追加された赤外線センサーによって、合計4方向の障害物を回避できます

値段はお高いですが、Amazonの評判は上々です。


ちょっとした旅先でこういった
ドローンを飛ばして撮影するのも面白いですよね。

また、こういった撮影用以外にも
レース用ドローンと言うのも存在します。

少しだけ紹介します。

レース用ドローン

ドローンレースは決められたコース上を飛行し、
その速度を競う競技です。

本格的にそろえると10万ほどかかりますが
最初でしたら1万円以下のドローンでも気楽に始めることが出来ます。

緊張感とスピード感じたい方は
こういったスポーツタイプのドローンも面白いかもしれません。

ドローンはどこでも飛ばすことは出来るのか?

当然のことながらドローンはどこでも飛ばせると言うわけではありません。

飛行禁止区域かどうかは
こちらのサイトをご覧ください。

https://www.dji.com/jp/flysafe/no-fly

赤い部分は飛行禁止エリアです。

ただ、ドローンが日本に流通し始めたのは最近で
まだ具体的な法令はあいまいです。

・人口密集地域はNG
・空港や重要施設上空はNG

と紹介している人もいるので、
明確なルールはなさそうです。

ただ、トラブルを避けたいなら
赤い部分以外の場所でかつ

・人口密集地域はNG
・空港や重要施設上空はNG

以外の場所で飛ばしてみてはどうでしょうか。

近くにドローンが飛ばせる場所がない場合

ただ、学校の体育館や室内競技場で飛ばす方もいるので
近所に飛ばすエリアがない方はお近くの施設に
問い合わせると言うのも一つの手です。

こういったサイトもあります。

https://www.dronemarket.jp/promotions

ドローンの資格と免許について

ドローンに免許は必要ありませんが、
ドローン検定と言う資格は存在します。

空の産業革命と称された無人航空機(ドローン)の普及は、様々な分野で活用が進み私たちの生活をより豊かなものに変えようとしています。
無限に広がる「空」という空間は、今後も新たな活用が期待されていますが、その一方で事故や事件が発生しており、適切な知識と技量をもって無人航空機を活用することが求められています。

ドローン検定協会では、無人航空機を取り扱う従事者の知識レベルを客観的に評価し、その資質向上と周囲の方への理解を広めることを目的として無人航空従事者試験(ドローン検定)を実施しています。
無人航空従事者試験の受験を機にリモートパイロットを含むすべての従事者が正しい知識を身につける機会となることを図ります。

https://drone-kentei.com/about.htmlより

ドローンをビジネスとして考えている方や
ドローンについてもっと深く知りたい方は
こういった資格を取って楽しむのも面白いのではないでしょうか。

最後に

今回紹介したドローンはどうだったでしょうか、

安いドローンと高いドローンの違いはズバリ、

・操作のしやすさ
・距離
・バッテリー
・画質

この4つが大きく関わってきます。

個人的にはどうせドローンを買うなら
1万円以上のちょっと良いドローンをおすすめです。

旅行好きのあなたも思い出づくりのパートナーとして
ドローンを一台所持してみてはどうでしょうか。

それでは今回はこの辺で。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。