こんにちは、和みLINEです。

今回は岡山県総社市で起きた工場爆発事件について
情報をまとめていきたいと思います。

状況は?


2018年7月6日午後11時40分頃、
岡山県総社市の市消防本部に、

「工場のようなものが爆発した」

と通報がありました。

なお、35分ごろには職員も同様に
爆発音と振動音を確認していたとのこと。

2018年7月7日の午前0時15分
工場付近とみられる場所で火の手が上がっているのが確認出来ており、
周辺の民家数軒も燃えているもよう。

爆発音は岡山市内などでも確認されている。

現場はJR総社駅から南西約2・5キロの高梁川沿い付近とみられる。

爆発した工場は爆発の模様

情報が錯乱していますが、
爆発したのはどうやら朝日アルミ工場のようです。

朝日アルミ工場とは

朝日アルミ工場とは
アサヒセイレン株式会社の工場で

製鋼用アルミニウム脱酸剤

を生産しているようです。

製鋼用アルミニウム脱酸剤とは、高級な鋼材をつくるため、溶鋼中の酸素除去(脱酸)および非金属介在物除去に使用されるアルミニウム地金のことです

http://www.asahiseiren.com/outline/okayama.htmlより引用

朝日アルミ工場の場所は?

http://www.asahiseiren.com/outline/okayama.htmlより引用

場所は

〒719-1145 岡山県総社市下原1430−1

グーグルマップでも朝日アルミ工場がヒットしました。

原因は?

詳しい原因はまだわかっていませんが、
アルミを製作しているので
アルミニウム粉塵爆発の可能性が考えられます。

アルミニウム粉じんと水との爆発危険性に関する研究

 


なお詳しい詳細はまだわかっていません。

ツイッターの反応

 

 

最後に

まだまだ情報が錯乱していますが場所は
岡山県総社市の朝日アルミ工場で間違いなさそうです。

また、爆発の被害はかなり大きく、
コンビニや家などの建物ガラスを破壊するほどで
相当の衝撃だったと思われます。

まだテレビのニュース報道も少ないので
明日の朝にでも大々的に放送されそうです。

それでは今回はこの辺で。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。