こんにちは、和みLINEです。

今回は2018年6月26日にオープンした
新潟県上越市の水族博物館「うみがたり」を取り上げたいと思います。

公式HPより引用

うみがたりとは?

上越市立水族博物館「うみがたり」は
80年以上の歴史を上越市の海のシンボル

「五感で学ぶ日本海」

をコンセプトに作成された
水族博物館です。

日本海の海底構造や生態系をダイナミックに再現し、
楽しみながら生態系を学べる水族博物館に仕上がっています。

4日間の先行公開では約1万5300人が来場し、評判も上々
遠方から来ている人も目立ちました。

時間帯と天候によっては夕日が沈むのも
楽しめるのでカップルは夕日が沈む時間帯も
チェックしておいた方がいいでしょう。
新潟県上越市の日没時間をチェックする

うみがたりは3階建て施設

3階

うみがたりで最初にたどり着くのが3階で
日本海の絶景を眺めながら様々な魚を楽しむことが出来ます。

イルカショーは3階なので場所を確認しておきましょう!

カップルで行く際は日本海テラスは抑えておきたいところですね。

大水槽は水深7.3メートル、水量1110トンと超大型の水槽となています。

2階

2階では泳いでいるイルカをやアザラシを見ることが出来、
皆が大好きな深海エリヤも設置されています。

また、まじかでマゼランペンギンを見ることが出来るので
マゼランペンギンミュージアムは抑えておきたいところです。

1階

1階ではマゼランペンギンが泳ぐ姿や
フィーディングプールでは鯉にエサをあげること出来たりします。

また、レストランやショップも設置されているので
休憩場として利用できます。

うみがたりで見られる生き物は?

全部の魚の種類は多すぎるので
公式HPに載っている魚をまとめました。

3F

イワシ

アカシュモクザメ

コブダイ

マンボウ

サケ

ブリ

サケとブリの混泳は日本発で
イワシの群泳も3Fで見ることが出来ます。

他にも50種類の生き物と38,000点の生き物がいるので
長い時間楽しめるでしょう。

2F

イカ

タコ

スルメイカ

アオリイカ

クラゲ

チンアナゴ

カクレクマノミ

シロイルカ

ゴマフアザラシ

イカ系、タコ系、深海系、
そして様々なクラゲを見ることが出来ます。

また、一度は見ておきたい白イルカを見ることが出来、
3Fでは水上のパフォーマンスですが
2Fでは水中のパフォーマンスを楽しむことが出来るようになっています。

1F

マゼランペンギン

ニシキゴイ

1Fの魅力は飼育数世界一の
マゼランペンギンの群れを見ることが出来ることですね。

アルゼンチン共和国のプンタ・トンボを再現しており、
ペンギンをまじかな距離で見ることが出来るようになっています。

 

ここに載っている以外にもたくさんの生き物を楽しむことが出来るので
2周、3周と楽しめる水族博物館となっています。

アクセス

住所

住所〒942-0081
新潟県上越市五智2-15-15
TEL:025-543-2449 FAX:025-543-0406

電車、車の場合

駅から徒歩15分は少し遠く感じるかもしれませんのでご注意を。

グーグルマップルート案内はこちら

料金と時間

夏季

平日 9:00~19:00
土日・祝日 8:00~19:00

秋季

全日 9:00~18:00

一般料金

個人 障がい者手帳をお持ちの方
介助者1人
年間パスポート
大人(18歳以上) 1,800円 900円 4,000円
高校生 1,100円 550円 2,400円
小・中学生 900円 450円 2,000円
幼児(4歳以上) 500円 250円 1,100円
シニア(65歳以上) 1,500円 750円 3,300円

イベント情報

ドルフィンパフォーマンス

6/27以降の平日

10:00 / 12:00 / 14:00 / 16:00

6/27以降の土・日・祝

10:00 / 11:30 / 13:00 / 14:30 / 16:00

ドルフィンパフォーマンス~sunset~

6/27~7/31

18:30

8/1~15

18:15

8/16~31

17:45

シロイルカレクチャー

6/27~の全日

11:00 / 15:00

ペンギンフィーディング

6/27~の全日

10:30 / 13:30※ / 16:30
※13:30は水中(1F)でダイバーが行います。

水族館に来たからには
イルカショーは見ておきたいところですね。

イルカショーが始まる30分前には並んでおかないと
いい席が取れなくなる可能性があるので
早めに並ばれておくことをおすすめします。

他の水族館と比べても
かなり短いスパンでイルカショーを行ってくれているので
安心してみることが出来そうです。

時期によってイベント時間が異なるので
詳しい詳細は公式HPをチェック!
公式HPを確認する

使えそうな雑学

ネタに困ったとき使ってみてください(笑)

  1. シロイルカに背びれがないのは氷にぶつからないようにするため
  2. シロイルカは年に1回脱皮する
  3. イルカとクジラの違いは大きさ
  4. イルカは右脳と左脳を交互に眠らせる特殊能力を持っている
  5. 温かい地域にもさまざまなペンギンが存在する
  6. ゼランペンギンは主にアルゼンチンやチリなど南米の広い地域に生息している
  7. マゼランペンギンはペンギン全種のなかでも特にカップルの絆が強い
  8. マゼランペンギンの離婚率は3%
  9. 世界中で日本人が一番イカを消費している
  10. イカが吐く「イカ墨」にはガン予防に効果的な栄養素が含まれている
  11. イカの心臓は3つある
  12. タコの足は2本で、残りの6本は全部腕
  13. タコの心臓は3つある
  14. タコの体は9割が筋肉で出来ている
  15. 日本では96本もの触手があるタコが捕獲されている
  16. クラゲはプランクトンの仲間
  17. クラゲには脳がない
  18. クラゲには心臓も血液もない
  19. クラゲには目はある

最後に

やっぱり水族館っていいですよね。

普段見れない生き物をたくさん見ることが出来ますし、
水中の中で生きる生き物は神秘的です。

また、イルカショーを見ると
改めてイルカって賢いんだなぁと考えさせられます。

人間の意志を理解するってすごいですよね。

是非、リニューアルしたばかりのうみがたりへ
足を運んでみてはどうでしょうか。

公式HPはこちら

それでは今回はこの辺で。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。