こんにちは、和みLINEです。

今回は2018年に都内でキャンプが
楽しめるおすすめ施設をまとめてみました。

7月、8月になると外でご飯を食べるのも楽しいですよね。

異性との交流を深めるにもいいチャンスなので、
今年はキャンプに挑戦してみてはどうでしょうか?

川井キャンプ場

・料金 6,200円(3名)~
・アクセス 圏央道・青梅ICより19km、車で約40分。

都心から約2時間で気軽にアウトドアライフが楽しめる、とても広い河原が自慢のキャンプ場です。川遊び、バーベキュー、ドッグサイト、体験プログラムなど楽しみ方はいろいろ。家族や気の合う仲間と一緒に思いっきり自然を満喫してください。

ツイッターの声

・料金 27,000円(6名)~
・アクセス 圏央道・あきる野ICより12km、車で約25分

森林村出のご宿泊は、清々しい木の香りでいっぱいのログハウス・コテージです。高い天井、マルイ丸太の梁、天窓にある丸いロフト。全棟シャワー、トイレ、キッチン完備ですので、別荘感覚でゆったりとくつろぎのお時間をお過ごしください。

ツイッターの声

・料金 4,000円(6名)~
・アクセス 圏央道・日の出ICより20km、車で約40分。

東京都でありながら多くの自然が残る魅力ある村。ここが本当に東京都!? ご来場された皆さんは驚かれる事が多いです。都心から約2時間で奥秋川渓谷の澄んだ空気と清流を体感出来ます。そんな多くの自然が残る檜原村にロッヂ神戸岩がございます

ツイッターの声

氷川キャンプ場

https://blog.goo.ne.jp/goldkeik/e/5a7b5b383b2322861eff9048ca525ffaより引用

・料金 5,500円(4名)~
・アクセス 圏央道・青梅ICより27km、車で約50分。

都心から2時間半で、奥多摩の大自然を満喫できるキャンプ場です。敷地内には大きな巨木がたくさんあり、マイナスイオンをあびながら奥多摩の大自然を気軽に満喫できます。氷川キャンプ場近くでのカヌー・カヤックの体験教室もあるので是非挑戦してみてください。

ツイッターの声

キャンピングガーデンモク

・料金 18,000円(6名)~
・アクセス 圏央道・日の出ICより19km、車で約35分。

静かな山間でのんびり過ごしませんか?檜原村の宿は、緑と清流に囲まれたところから山の上まで多彩にありますので、存分にリフレッシュできます。

ツイッターの声

秋川渓谷リバーティオ

・料金 39,000円(6名)~
・アクセス 中央道八王子ICより30分  圏央道あきる野ICより20分。

27年4月オープン!武蔵五日市駅からは徒歩圏内。精肉直営の施設でから、厳選されたお肉がたっぷり!手ぶらでバーべーキューもできるログハウス!

ツイッターの声

キャンピングコテージ 伊奈キャンプ村

・料金 16,000円(4名)~
・アクセス  圏央道・あきる野ICより4km、車で約10分。

河原は浅瀬と深瀬があり、広めの川、川岸なので、バーベキューに川遊びはもちろんのこと、釣りやいかだボート下り、飛び込み、手づくりアウトドアクッキング体験などをお楽しみいただけます。エアコン、ウォシュレット付きのコテージもあり、女性にも人気。企業研修、合宿やお子様づれのファミリーにも安心してご利用いただけます。

ツイッターの声

あきる野キャンプ場麦の郷

・料金 6,000円(2名)~
・アクセス 圏央道・あきる野ICより13km、車で約30分。

小さなキャンプ場で、まったりとキャンプしませんか?

ツイッターの声

清東園キャンプ場

・料金 10,000円~(6名)
・アクセス圏央道・青梅ICより23km、車で約50分。

大丹波川の清らかな水流沿いでキャンプやバーベキューをお楽しみ下さい。バーベキュー場・テントサイトは河原なのでお子様の水遊びを見守りながらの設営が可能♪自然散策やハイキング・サイクリングなどもおすすめです。

ツイッターの声

・料金 8,000円(4名)~
・アクセス 圏央道・青梅ICより22km、車で約45分。

鳩ノ巣バンガローでは、多摩川沿いに建つキャンプサイトです。春・夏・秋と季節の彩りが観えます。充実のひとときをお過ごしください。

ツイッターの声

奥秋川ビレッジ

・料金 19,000円~
・アクセス圏央道・日の出ICより23km、車で約45分。
中央道・上野原ICより32km、車で約1時間。

都心からわずか2時間で来れる東京唯一の村・檜原村……緑と川に囲まれた『奥秋川ビレッジ』へどうぞお出かけください。

ツイッターの声

八丈島 ロッジオーシャン

・料金 5,000円(2名)~
・アクセス 羽田発ANA定期便133~166人乗り

八丈島の格安宿 ロッジ・オーシャン。2015年新館がオープンし ますます人気のカジュアルなロッジです。“明るい笑顔” “きれいなお部屋” “あったか朝食” “無駄をはぶいたリーズナブルな価格”あなた好みの自由な滞在スタイルで、八丈島の旅を満喫してください。

ツイッターの声

北秋川自然休暇村

・料金 6,000円(3名)~
・アクセス 圏央道あきる野IC、日の出ICから約30分

東京都檜原村の北秋川自然休暇村は2004年の夏を最後に13年間という長い空白期間を経て、2017年6月再出発 する事となりました。従前ご愛顧くださいました皆様方には心より感謝申し上げます。当休暇村は清流秋川の支流北秋川沿いに位置し緑あふれる山々に囲まれた魅力ある施設です。

ツイッターの声

最後に

これだけたくさんの施設があると迷ってしまいますね(笑)

場所によって料金にばらつきがあり、
基本的に3名からの料金となっています。

私の感覚ですと、
ツイッターのツイートが多い所でしたら
無難にキャンプを楽しめるかと思います。

ただ、場所によっては校外学習として
学校の生徒もいるようなので、
苦手な方は苦手かもしれません。

もし、気になる方は一度キャンプ場に問い合わせをした方がいいでしょう。

また、場所によっては
レンタル品がお高い所もあるので、
この機会にアウトドア用品を揃えてみるのも面白いのではないでしょうか。

【厳選】持っていくと100倍楽しくなるおすすめアウトドア用品

どちらにしても、
自然がいっぱいの場所で過ごす時間は
非日常体験ができ、癒しの効果は抜群です。

キャンプに行く際は虫よけスプレーも忘れずに。

それでは今回はこの辺で。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。